歯周病の原因

歯周病とは?

 歯周病は、歯の病気の代表的なものです。

歯周病が起こる原因は、歯を支えている周りの組織(歯周組織)に炎症が起こり、

歯と骨との結合が破壊されるところから始まります。

□ 出血や歯がぐらぐらと動く

□ 口臭がする

□ 歯肉の縁が腫れる

□ 歯茎が下に下がる

歯周病が進行し始めているサインです。

歯周病は、40歳以上の半数の人が程度の差こそあれ歯周病にかかっている、とも言われています。

「年をとればかかる病気だから」

と思いがちですが、あきらめるのは間違いです。

歯周病を放っておくと、全身に大きな悪影響を与えます。

★歯が次第に抜け落ちる

★身体の血管に影響を与える

★糖尿病と関係性がある

★心臓病のリスクが高まる

など病気を患うリスクが高くなることが指摘されています。

「たかが歯…」と侮れないのが歯周病です。

トラックバック

トラックバックURL:
http://www.kounaien.net/mt/mt-tb.cgi/2742